電子申告は、ネットを使って納税ができるシステムです。最近は、電子申告で納税を行う方 も増えてきたと言われているのですが、電子申告にはメリットやデメリットが存在するため、覚えておくとよいかもしれませんね。電子申告は、電子申告証明書を取得し、開始届を提だして、加えて、利用者識別番号を取得するなどの準備の手続きが必要になってしまいますが、手続きを行えば得られるメリットもあると思います。電子申告のメリットは、5千円の税額控除があるということや、個人の確定申告ならば2四時間対応していますので、申告期限間際でも慌てて税務署に行かなくてもいいというような点です。忙しい人にとっては、嬉しいメリットだといえるでしょう。また、インターネットでの操作なので郵送料は必要ありませんし、個人の確定申告の場合は還付金の支払いが早くなると言うメリットもありますよ。ほかにも、納税証明書の交付請求を行えば手数料が安くなったり、金融機関によって借入金利が優遇されるなどのメリットもあるになると思います。電子申告のメリットに対し、デ利点は電子申告で納税する場合には、利用料のかかるWEBバンキングを利用しなければいけないと言うことです。それに、パソコンに詳しくないと手間がかかってしまうに限った事ではなく、ICカードを用意したり、余った費用もかかってしまってます。これらのメリットやデメリットを考えて、電子申告を利用するか検討してみてはいかがでしょうかー